目下はまって掛かることは、ファミリー菜園でトマトやきゅうり、庭園ではお花を育て上げることです。

2時世前に新築で民家を建て、大きい庭園ができたので世帯菜園を通している。夏季前に植えた苗は凄まじく育ち、2年齢って4年齢の子供達と共に水やりや収量を楽しんでいます。毎朝、自身が洗濯物を干しに来る時折子供達も出てきて、自発的に水やりをしている組み合わせをみると愛くるしく思います。『トマト赤くなってるね』『きゅうり、花がついたよ』毎日観察して向上を楽しんでいます。収量をした野菜たちがちゃぶ台に並ぶという子供達は『これがおうちで育ったきゅうり?』『自身が毎日お水あげたから美味しくできたのかな?』といった喜んでいます。世帯菜園を通じて、収量は楽しみになりましたがまた厄介な虫たちも寄ってきて、虫が苦手な自身は抹殺に悪戦苦闘している。綺麗な苗が病魔もののトーンに変わったりして、どうもむずかしいなと感ずることも増えました。また入り口側にはケバイポーチュラカというお花を植えているのですが、色とりどりで外に出るたびにサッと可愛い気分になります。野菜内容もおかしいですが、虫適切お花を植えるほうが自身には向いているみたいです。シンプルなお庭園を後でお花いっぱいの素敵な庭園にしていきたいなと思っています。いずれにせよ、子供達と共に水やりをしたり、植物の向上を楽しめるタームをこれからも保ちたいだ。朝と夜付けるだけできれいな肌の色になります